最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

恋愛

「♪この世の花」

Photo

○誕生日のプレゼント

Photo
島倉千代子 60周年記念 スーパーヒット・セレクション
写真2枚とかわいいイラストのミニステッカー入り

私の母は、若い頃から島倉千代子さんが大好き。
私が物心ついた頃から、いつも「♪この世の花」を唄っていた。
くり返し聞かされて、フルコーラス憶えてしまったほどです(今でも歌えます)。

ということで、一昨年はCDラジカセ、去年の敬老の日は美空ひばりさんのBOX、今年は、このすばらしいアルバムがリリースされたので、7月の誕生日にプレゼントしました。

ところが、その頃から母は体調が優れず、8月になって入院。
さぞかし心細いだろうと、お気に入りのCDを、ヘッドホンステレオに詰め込み、病院へ持って行ったんです。
途中までは機嫌よく鼻歌を歌いながら聴いていたのですが、「♪この世の花」で声を詰まらせ、ぽろぽろ涙を流し、困った・・・

 

○蕾のままに 散った恋

話は変わりますが、ここでひとつ、実らなかった初恋のお話を聞いてほしいのです

終戦後ほどなく、朝鮮から引き上げてきた、一組の家族がおりました。
その中に、15歳の少年がいて、あだ名を『たきちゃん』と言います。
日本に帰ってきた『たきちゃん』は従兄弟の会社で、仕事を手伝いながら学校に通うことになりました。
歳の離れた従兄弟は村一番の富豪で、大きな工場と会社を持っていた。

この会社に、一人の少女が就職してきたのです。
歳は16、近くに住む、当時としては比較的裕福な農家の娘で、あだ名を「あいちゃん」と言います。

そして会社のお仕事で一緒になりました。
歳の近い二人はお互いが気になって仕方ありません。
ほとんど言葉を交わすこともなかったけれど、それぞれ、相手の視線を感じつつ、胸をときめかせていた。

そんな日々が続くうち、いつしか『たきちゃん』は、この一つ年上のお姉さんが、好きになってしまいました。
当時のことですから、気持ちを口に出したりしません。
でも、『あいちゃん』は感じたのです、『たきちゃん』の好意を。

彼女は恋をしました、生まれてはじめて経験する、不思議な気持ちです。
田んぼの藁束の影に身をひそめ、彼が友人と一緒に歩く姿を遠くからこっそり眺めました。
笑うと白い歯が爽やかな美少年、その姿を見ているだけで幸せだった。
そんなに遠くから見えたのかって?
見えましたとも、だって『あいちゃん』視力が2.0(笑)

二人は会社でしか話をすることはありませんでしたが、その気持ちは周りの大人たちにもわかります。
やがて公認の仲となりました。
あるとき、会社の裏手にある観音さまの夏祭りで、『たきちゃん』は飲み過ぎてしまいました(未成年なのに ^^;)。
社長は、『あいちゃん』に「介抱してやってくれ」といいます
彼は酩酊状態で一言も話をしてくれません、でも彼女にとって、このときが、人生で一番幸せな瞬間でした。
彼の手を握ったのは、このときが最初で最後です、たぶん。

私、『あいちゃん』に訊いてみたんです、「膝枕してあげたの?」。
『あいちゃん』は恥ずかしそうにうつむいて、首を横に振るだけです。

その後、一度だけ会社の外で会う機会があったそうです
『あいちゃん』の姉が結核で入院しているとき『たきちゃん』の兄も同じ病院に入院していた。
お見舞いのとき、偶然出会い、二人だけの時間を持つことができた。
二人は少し離れて座り、あまり話もしなかったけど、一緒にいるだけで幸せでした。

彼女が18歳のとき、家にお中人さんが来ました。
「『たきちゃん』の許婚(いいなずけ)に、ぜひ娘さんを」
私の勝手な考えですが、これは彼のプロポーズだったと想うのです。
当時、良家の子女は、人を立てて「想ひ」を伝えることは珍しいことではなかった。
『あいちゃん』はうれしかった、「あの人と一緒になれる」、そう想うと、未来がバラ色に見えた。

ところが、彼女が19歳のとき、事態が一変しました。
遠い親戚へ養女に出されてしまったのです。
そこには、やはり遠い親戚から養子に出された『みっちゃん』と呼ばれる男性がいて、その人と祝言(しゅうげん)を挙げることになった。
本人の意思とは全く関係なしです。

理由をここに書くことはできません、大勢の方々のプライバシーが関係しているので。

『あいちゃん』は何度も実家に逃げ帰りましたが、その度に、つれ戻されます。
唯一の救いは『みっちゃん』がとても優しい人だったこと。
「どうしても想いが叶わぬなら、この人でも良いかな?」と思ったそうです。

しかし二人は相当ひどい扱いを受けていたようで、満足に食事も与えられなかった。
そのため『みっちゃん』は家出を決意、「生活できるようになったら、必ず迎えに来るから」と言い残し、姿を消してしまいます。
養子先の家が彼を探さなかったのは『あいちゃん』さえ引き留めておけば、「そのうち彼も帰ってくるだろう」と思ったからです。

『みっちゃん』はそれまで、「バンドマン」をしていて、音楽で生計を立てていたのですが、静岡の片田舎では食べて行けないと、理髪師の免許を取った。
修行したくて、当時理髪師のメッカだった『神戸』を目指して列車に飛び乗ったのですが、家出の悲しさ、電車賃が足らず『名古屋』で降りた。
名古屋で住み込みの職人から始めて、一人前と認められるようになった頃、『あいちゃん』に毎日ラブレターを書いた。

「名古屋においで」

養子縁組した家に出すと、本人に渡らないと想い、彼女の実家に出したのです。
実家に里帰りした彼女はそれを見て「この人について行こう」と思ったそうです。
『たきちゃん』への想いは決して消えることはありませんでしたが、それを胸の奥にしまいこみ「みっちゃん ひと筋」の人生を決意し、家出したのでした、名古屋を目指して。

このお話は実話で『あいちゃん』と『みっちゃん』は私の両親です。

 

○「あの世の花」

なぜ、こんなプライベートな話を詳しく書いたか?

実は『あいちゃん』こと私の母が認知症になった。
今は息子である私の名前が出てきません。
自分の名前も言えなくなった。
早逝したとはいえ、20年連れ添った夫の名前さえも・・・
唯一鮮明に覚えているのは『たきちゃん』のことだけです。

息子としてはとても複雑な気持ちで、「初恋の人」の事なんか、きれいさっぱり忘れても良いから、夫(私の父)のことだけは覚えていてほしかった。

でも今『たきちゃん』のことまで忘れたら、母の人生には何も残らなくなってしまう。
今は、その想い出にすがりつきたい気分です。
もし、大切な想い出が消えてしまっても、「こんな人がいるんだなぁ」って、このブログを読んだ人に、知ってもらえたら幸いです。

私が「『たきちゃん』今どこにいるの?」と訊いたら、「・・・天国」と答え、ポロリと涙をこぼしました。
十余年前に、消息を確認したらしいのです。
ひととおり話をした後、母はポツリとつぶやきました。

「たきちゃん、かわいかった」

 

○島倉さんの「♪こどもたち」

Photo_2

「♪この世の花」

想うひとには 嫁がれず

想わぬひとの 言うまま気まま

悲しさこらえ 笑顔を見せて

散るもいじらし 初恋の花

 

私が生まれた年に、16歳だった(レコーディング時)島倉千代子さんが歌い、大ヒットしました。

歌謡曲史上最大のヒット曲は、500万枚を売り上げた「♪およげたいやきくん」だといわれていますが、昭和30年のレコードプレーヤー普及率を考えると、最大のヒット曲は「♪この世の花」かもしれません※。
私の母だけではなく、当時はこんな人がたくさんいて、共感を得たのだろうと想います。

自らが歌う歌謡曲の数々を「愛すべき こどもたち」と言い、生涯情熱を燃やし続けた島倉さん。

母が退院した翌日、アルバムに収められた36曲、すべて拝聴しました、どれも心にしみる歌ばかりです。
私はファンではないのですが、母があれほど好きだった理由(わけ)が、分かるような気がしました。

※昭和30年3月発売「♪この世の花」200万枚

きよしあの夜

副題:誰でもあるんじゃないですか?

196312

もうすぐクリスマスですねぇ~。
毎年この時期になると、想い出すことがあるのですが...究極の私事なので、気の向いた方だけ読んで下さいね。

 

○きよしあの夜

30年近く前、私が家内とおつきあいしていた頃のお話しです。
当時私は、連日、サービス残業当たり前のハードな業務をしていて、彼女(←カミサンのこと)とデートもままならなかったのですが、クリスマス・イブだけは、何とかロマンチックにすごしたいと、頑張っておりました。

しかし、二日程前になると、案の定というか、残業の予定が入ってしまい、やむなく彼女に電話したのです。
「だいじょうぶよ、分かってるから、お仕事頑張ってね」そんな優しい言葉をもらい、安心して、イブの夜更けまで猛烈社員をしておりました。

しかし!

仕事の合間に、町の風景を眺めると、甘い雰囲気のカップルがそこかしこに見えるではありませんか。

心配になって、電話をしたら、すっかり落ち込んでました。
「ゴメン、明日は必ず迎えに行くから」そう言ってなぐさめたものです。
ホントは迎えに行ける見通しなんて、なかったのですけど(^_^;。

その日は深夜まで、かたづけられるだけ仕事をかたづけて、次の晩、カミサンの勤める花屋さんまで迎えに行きました。

そのとき、どういうわけか、お店の女の子たちが、“拍手”をしていたんですね。
車に乗って、二人だけになったとき、「あの拍手なに?」って聞いたのです。
そしたら彼女、なんて言ったと想います?

「昨日、彼が迎えにこなかったのは、わたしだけだったの、お店が忙しかったので、わたしだけ残業を引き受けたの、皆それを知っていたから」。

「惨めな想いをさせちゃった」、涙が出そうでした。
切なくて、愛おしくて、思い切り彼女を抱きしめたい気分だった。
その晩、私としては、精一杯ロマンチックな夜を演出したつもりです。
それでも、いまだに、あのときは申し訳ないことをしたと、思ってますけどね。

自分が、カミサンにこれだけの仕打ちをしておきながら、我が娘にはなんて言ってると想います?
「クリスマス・イブに迎えにこないような男を、選ぶんじゃないぞ」ってね(笑)。

そうなんです、私は身勝手で、煩悩まみれな男なんです(^^;ゞ。
でもね...煩悩まみれだって、一つだけ自信を持って言えることがあるのです。
園まりさんを、理想の女性像だとするならば、カミサンは私にとって『永遠の恋人』です。
将来、二人揃って、おじいちゃんとおばあちゃんになってもね^^。

 

○誰でもあるんじゃないですか?

最近、久しくお蔵入りになっていたDVDを、引っ張り出して観ました。
園まりさん主演「愛のきずな」。

藤田まことさんが演ずる、身勝手で、煩悩まみれの男『鈴木良平』と、かたや、園まりさん演ずる、清廉な娘『平井雪子』が、W不倫を繰り広げるのです(なんのこっちゃ?)。

実は私、この映画の感想を書きたくて、ウズウズしているのですが、他に類を見ない程、内容が深くて、今すぐというのは無理。
また機会があったらということで。

ところで、『良平』は、自分が妻子持ちであることをうち明けるシーンがあるんですね。
煩悩まみれのくせに、めっぽう真面目な顔で言うのです。
「僕はこの間 独身だって言いましたね」
「あれはウソなんだ」
「女房だけじゃない 子供もいるんだ」

Photo

それを聞いた、雪子の表情です。
これを観て、「どこかで見たことあるシーンだなぁ~」なんて想っちゃった。

上の「きよしあの夜」と大体同じ頃なのですが、当時私は、「この娘(カミサンですな)と結婚するかも?」といった予感が“確信”に変わりつつあった。
それで、自分の過去を黙ってちゃいけないと思い、うち明けたんです、ドライブの途中で。
「実は昔、真剣につきあっていた娘(こ)がいたんだ、でもきれいサッパリ別れて(ホントはフラれたんです)、今は君のことしか想っていない」。

そのときのカミサンが、ちょうどこんな表情だった。
そして彼女が言った言葉が、「わたしも最近まで、つきあっていた彼がいたの、でもあなたとつきあい始めたから、フッちゃった」。

えぇ゙~、それって一時的にせよ、二股かけられていたってことでは、ないの??。
ショーック!!

しかし、よく考えてみれば二人とも、恋愛の一つや二つ経験していてもおかしくない年齢で、薄々感づいていたのです、お互いに。
それでも、ハッキリ言われると、さすがに良い気分はしませんね。
カミサンも、きっと同じ気分だったんじゃないかな。

べつに、過去において、後ろめたいことをしていたワケじゃなし。
言わぬが花って事もあるのではないかと想います。
誰でも身に覚えがあるんじゃないですか?
こんなこと。

あ、そうそう、誤解されるといけないので、念のために言いますが、私たちはW不倫じゃありません。
正真正銘、独身同士の熱々カップルでしたので。

以上、自分でも顔から火が出そうな、おノロケ話でした(^┰^ゞ。

・・・おしまい

どこにあるの? 愛の城

副題:別れがそっと うしろから しのんで来る 気がしてた

暑いですねー。
梅雨があけたのは良いけれど、私が住む名古屋でも、35度超えの日が続いています。
もう、足もとフラフラ、熱に浮かされ、よろめいちゃう...ちがった^^、よろけちゃう。

Photo_2

ところで、最近、ハマっていることがあります。
CDを聴くときに、歌詞をしっかり聴くこと。

先月末、ザ・ピーナッツの一人、エミさんの訃報を知ったその日、一晩中CDを聴きましてね。
普段と違う精神状態で聴いていたせいなのか、真夜中たった一人で聴いているという状況のせいか、「いつも楽しくピーナッツ」の筈が、この日は情感たっぷりに感じました。
「♪心の窓にともし灯を」とか「♪愛のフィナーレ」なんて、お二人が、何かに身を詰まされる想いで唄っているように感じて、聴いてるこちらも、そんな気分になった。

たて琴ではじまる、感傷的なメロディ。
「今ではひたすら 貴方の幸せ祈るだけ♪」。
あまりにも切なそうな、お二人の声。
闇がりの中ただ一人、震えながら、耐えました。
いっそ、泣けばよかった...
どうせ誰も見てないのだし。
人は悲しいときにも、人の幸せを願うものです。

お二人は、ただ楽譜のとおりに唄っている訳ではなく、それぞれの人生があって、詞があり、それを想いながら、その上に唄声がのっているのだと、初めて感じることができました。
この時以来、歌詞にハマっています。
そして唄声には、詞にふさわしいだけの気持ちが込められていることが、あると云うことを。
中には、自らの経験や人生にのせて唄っていると感じるような、『重い作品』もあることを。
これは私が〝気持ち〟で感じただけで、何かを知っているわけではありません。
それでも何かが、わかるような気がします。

ところで、そんな気持ちで、園まりさんの歌を聴いたら、どうなんでしょうか?

片っ端から聴いてみました。
それで、見つけましたよ、ある曲を。
じゃあ、そのお話をしますね。

でも、そのまえに、「実らなかった恋のお話」を一つだけ。


昔々あるところに、T君とEちゃんという、一組のカップルがおりましたとさ。
T君は山へ芝刈りに...ちがった^^ T君はいわゆる『もてない君』で、彼女いない歴2?年、これが初めての恋でした。
一方、Eちゃんはモテモテ美人でボーイフレンドは多いのですが、うら若く、未だ恋愛経験と呼べるようなものはありませんでした。
おつきあいが始まってから分かったのですが、二人には共通点が多く、誕生日や血液型も同じ、母子家庭に育ったところまで同じでした。
単なる偶然とは思えず(ホントは思いたくなくて)『運命の出会い』を感じたものです。

キスもしない、手をつなぐときでさえ、小指と小指を絡ませる、プラトニックな恋ではありましたが、デートを重ねるうち、二人の心はどんどん近づき、いつしか将来を語りあう仲となりました。
訳あって、いつまで経っても、プロポーズしないT君でしたが、あるとき、いつの日か出会うであろう『愛の結晶』の名前を考えている自分たちに気がつき、プロポーズを決意します。
彼の気持ちは彼女に受け入れられ、T君は、嬉しそうに目を伏せるEちゃんを抱きしめ、この日初めて「キス」をしました。

Eちゃんは、家に帰ってお母様に、プロポーズされたことを報告しました。
お母様は一晩考えて言われたそうです。
「おまえがあの人を愛しているのなら、お嫁に行って良いんだよ」
Eちゃんは、この言葉に動揺します。
母の老後は、自分がみるものと想っていましたから。
母一人、娘(こ)一人・・・だから。
そしてEちゃんの実家は、お父さまの遺した小さな会社を経営しており、彼女はお婿さんをもらって、その会社を継ぐ立場だったのです。

他にもまずいことがありました。
T君には、弟が一人おりました。
ところがその弟は、社長令嬢との結婚が決まっていて「マスオさん」になる予定だったのです。
当然T君も、母の老後は、自分がみるものと想っていた...

プロポーズしたことで、夢みるような恋物語は、現実の壁に直面します。
実は彼が恐れていたのは、これだった。
幸せの絶頂に近づけば近づくほど、別れがそっと後ろから、しのんで来るような、気がしていたのです。

それでもT君は、何とかこの恋を実らせようと、東奔西走しますが解決策が見つかりません。
「どこにあるのだろう? 愛の城...」ふとそんなことを考えたときです。
「ねぇ、こっちを向いて」
瞳をのぞき込むように、彼女が言いました。
「信じていいよね・・・」

あとはご想像にお任せします。
ただ一つ、T君は「プラトニックな恋で良かった...」と思いましたとさ。


・・・このお話は実話なのかって?
さぁ~、どうでしょうかね(^_^;。

言いたいことは、実る直前に壊れてしまう恋もあれば、つかまえたと思った瞬間に、逃げてしまう愛もあるってこと。

・・・本題に戻りますが、アンサーソングって聞いたことあるでしょ?
有名なところでは、坂本九さんの「♪明日があるさ」に対して槇みちるさんの「♪若いってすばらしい」。

わかりやすいところでは、園まりさんの「♪あれがお父さまよ」と、「♪涙のスクリーン」。
「♪涙のスクリーン」なんて、歌いだしが「-あれがおとうさまね-♪」だから、誰でもわかる。

あと、よく知られたところでは、ザ・ピーナッツの「♪ふりむかないで」に対する「♪こっちを向いて」、これもわかりやすい。

これらは、歌手、作詞家、作曲家が同一の場合もあればバラバラのこともあり、様々です。
アンサーソングは普通、作者がそれと宣言するのですが、その様なことは一切無くても聴く側がそう判断してアンサーソングと言われる曲も多いようです。
先ほどの「♪涙のスクリーン」なんて宣言されていなくても、明らかにアンサーソングですもんね(^^。

Photo

Photo_2

で、ここに相互にアンサーソングではないかと想われる曲が二つ(私が勝手に想うのです)。
平尾昌晃さんが作曲した「♪愛の園」と園まりさんが歌う「♪横をむかないで」。

「♪愛の園」は以前このブログで取り上げていますが、あのお話は、あくまでもフィクションなので、誤解の無いよう、お願いします。

「♪横をむかないで」は「♪あなたのとりこ」のB面なのですが、この頃の園まりさんにしては比較的声を張って、きらびやかな唄い方が、なかなか魅力的。

そして「♪愛の園」なのですが、布施明さんが唄った一年あまり後に、園まりさんもカバーしています。

布施明さんは「♪愛の園」で希望とその裏返しになる不安を唄い、園まりさんの「♪横をむかないで」は心細く揺れ動く女心を表現します。
そして後に、まりさんは同じ曲「♪愛の園」で傷心の男心・女心を切なく唄います。

それは、大幅にキーを変えて(声域が広いのです)二曲を歌い分けるのですが、どちらもしゃくり上げるような『園まり節』ではなく、むせぶような唄いかた。

「♪横をむかないで」の唄い方を「♪愛の園」ではさらに強調することで「これはアンサーソングなのよ、気づいて」とメッセージを送っているようにも感じます。

そして、布施バージョンの「♪愛の園」→「♪横をむかないで」→園まりバージョンの「♪愛の園」と三曲続けて聞くと、一つの物語になっていることが解ります。

最初の「♪愛の園」で、"彼"は真剣に「二人だけの愛の城」を目指します。
乗り越えるのが難しい「壁」が立ちはだかっているのを、本能的に感じてはいますが、「君と 君と行こう 愛の園♪」に強い決意と希望を感じます。
一方「♪横をむかないで」で"彼女"は、彼の愛に幸せの絶頂なのですが、時折考え込む彼の横顔に「しのびよる別れ」の不安を感じます。

そして園まりバージョンの「♪愛の園」は歌詞・メロディとも布施バージョンと全く同じながら、新たな息吹を与えられ、正反対の印象を持つ歌となっています。
「どこに どこにあるの 愛の園♪」が際だっているために、そう聞こえるのですが、声に込められた「気持ち」だけで「終わってしまった切ない恋物語」を暗示しています。
・・・どう言えば伝わるのでしょうか。
『園まり』にして、悲しみを表現すると、こうなるというか、同じ楽曲がここまで"絶望的"な歌になるなんて、想像も出来なかった。
「二人 二人だけの 愛の園♪」と唄うフレーズでさえ、「あんなに、愛しあった、二人なのに」と聞こえてしまう。

この三曲をどのように感じるかは、聴く人次第でしょう。
それぞれの感性、それぞれの人生、それぞれの経験。
でも私には、「アンサーソング」に聞こえるし、一曲ずつ聴くより、いっしょに聴いた方が、より美しく感じ、心に染みる。

私はこの三曲と冒頭の「♪愛のフィナーレ」を聴くと、先ほどのT君とEちゃんの「初めての恋物語」を思い出します。
恋の終わり、それは、想いでの、はじまりなのです。
彼は、知っていました、、、別れはくると。

人は悲しみを知ったとき、人の幸せを願うものです。
たとえ、恋に破れた相手でも。
あれ以来、二度と会うことのない二人ですが、T君は想うのです。
Eちゃんが、しあわせに暮らしていますようにと。
そして、心の傷痕を埋めてくれた〝妻〟を見つめました。
いとおしさを感じながら。

・・・おしまい