最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 掲示板・園まり命 | トップページ | 園まりさん大活躍 »

軽自動車税は高いか安いか?

副題:自動車税はどのように課するべきか?

2015年4月から、軽自動車税が1万800円になりますよね。
これを、「高い」と見るか「当然だ」と見るかは、人それぞれのようです。
中には、それでもまだ安いと思う方もいるかもしれません。

そもそも、課税根拠(課税理由)を考えたとき、インフラ整備(道路整備費など)には重量税、環境負荷に対してはガソリン税があり、自動車税はぜいたく品に対して課税する「贅沢税」として考えなければならないはずなんです。

それ故、基本的には排気量に対して課税することになっているんですね。
昔はトルクや馬力を出そうとするとエンジンを大きくするしかありませんでした。
パワーがあれば大きな車体に豪華装備を載せて、贅沢な車を作ることができる。
逆に車体を小さく軽くすれば、必要以上の走行性能を持った、プレミアムなスポーツカーになるわけです(現実は必ずしもそうではありませんが、頭の固いお役人が考えたことですから)。

この「贅沢&排気量に対して課税する」という原則を念頭において下の表を見てください。

Photo

自動車税(軽自動車税含む)一覧

「赤」は2015年4月から実際に課せられる税額。
「黄」は課税額が排気量に正比例したと仮定した、架空の税額。
「青線」は排気量を[cc]で表示したものなので無視してかまいません。

この表で判るのは、軽自動車税の課税率は案外高く、一方、5~6Lクラスの大排気量車の課税率が低いことです。
そして、1000~1500CCのコンパクトカークラスの課税率が異様に高いことが判ります。

軽自動車の税額が安く見えるのは、コンパクトカークラスの課税率が極端に高いことによるもので、これが、見かけの不公平感(軽自動車だけが税制上優遇されているように見える)を生み出している原因です。

それでは、排気量1ccあたりの税額を算出してみましょう。
軽自動車   10,800÷660=16.36円
1000ccクラス 29,500÷1000=29.5円
5500ccクラス 76,500÷5500=13.9円

5500ccクラスに対して軽自動車のほうが遥かに高い税率であるし、1000ccクラスに至っては2倍を超える課税率となっています。

コンパクトカーに乗っている人たちは、軽自動車のユーザーに「不公平だ、もっと税金払え」などと言ってはならんのです。
言いたかったら、お上に物申すべきですな、「我々の自動車税をもっと安くしろ」と。

しかし、こうなったのは、(社会的に力がある)裕福層が政府に働きかけたわけではなく、「日米間の密約・アメ車対策」だと考えています。
5000~6000ccは、昔アメリカが輸出したかった、中心的な車種が集まっているクラスですからね。

日本がバブルの頃、トヨタが「GMキャバリエ」、ホンダが「クライスラー・ジープ」、その他日本の各自動車メーカーが、ノルマ付きで米車を売らなければならなくなった「裏事情」を知っている人は、私の考えを「妄想だ」とはいわない筈です。

私の個人的な考えですが、これからは電気自動車やダウンサイジングターボ等、車格(贅沢度)と排気量が比例しない車種が多くなるので、自動車税は車両価格に課するべきだと考えています。
それも、必需品の「足として使用する車」とぜいたく品(高級車)が同じ課税率ではいけませんから、新車価格に累進課税する、なんてのはどうでしょうか。

一例として「(車両価格÷10,000)の二乗」円で計算してみます。
80万円の車 ⇒年額6,400円
100万円の車⇒年額 1万円
200万円の車⇒年額  4万円
300万円の車⇒年額  9万円
400万円の車⇒年額 16万円
500万円の車⇒年額 25万円
※1

全ての自動車に同じ計算式を当てはめるわけですから公平です、そこに特権なんてありません。※2
ついでに、「不公平」な軽自動車税など廃止し、経済弱者は「100万円以下の質素な車(現在の軽自動車含む)」に乗ればよいのです。
日本のメーカーは、コストの制約を受けると、とても良い製品を作りますからね。

そして、自動車税の名称を「贅沢税」に改めれば、15年落ちの低年式車(もう、そうなったら、贅沢とはいえません)に、高い「贅沢税」を払うのもアホらしくなりますから、買い替えも促されます。

これで、不公平なし、年金生活者や若い人も安心して「生活の足」を確保できるし、税収もばっちり、経済効果もばっちりです^^
おまけに、庶民の手が届かない高級車に乗る人は、本来のステータス性を満喫できるというものです。

ただし、今度はヨーロッパの高級自動車メーカーが許してくれんでしょうなぁ。
何しろ日本は外圧に弱い国ですから(ナサケナイ)。

※1 累進自動車課税が「一般的に高額になりやすいエコカー普及の妨げになる」と考えるのは見当違いで、(大容量電池等の)製造や廃棄時の環境負荷まで考慮すると、低価格のスモールカーこそが絶対的なエコロジーカーです。
     ダイハツ ミライース:燃費33.4km/L(定員4名)2014年1月現在
     トヨタ プリウス  :燃費30.4km/L(定員5名)2014年1月現在

※2 私は1200cc~2500ccまでのさまざまなクラスに乗ってきたし、競技用ライセンスを取得して、簡単なモータースポーツも楽しみ、スポーツカーにも乗った。
趣味で中古の観光バスをマイカーにしようと企てたこともあり、大型免許まで取った。
昔、大排気量のアメ車(中古車だが)を探したこともあったし、今は軽自動車に乗ってみたいと思っている。
ですから、あらゆる立場から考えているのであり、特定の方向から偏見を持って書いているつもりはありません。

・・・おしまい

« 掲示板・園まり命 | トップページ | 園まりさん大活躍 »

その他」カテゴリの記事