最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« ビルボード・ヒット・オブ・ザ・ワールド | トップページ | 天使の声紋 »

まりちゃんが成人式を迎えたころ

副題:ビルボード・ヒット・オブ・ザ・ワールドの続きです

前回、リサーチ不足で「♪何も云わないで」について一言も触れないまま終わってしまいました。
何か新しい情報はないかなと探していたら、ありましたね~

灯台下暗し、手元にあるCD-BOXのライナーノーツに「6月からNHKの『きょうのうた』で取り上げられ・・・」と書いてあるじゃないですか。
『きょうのうた』で放送されていたことはよく知られていますが、それはレコードが発売される4ヶ月も前だったんですね。

ところが、『園まり自伝』ではご本人がこのように言われている。
《64年、私は宮川泰先生から「何も云わないで」をいただき、それをNHK「きょうのうた」で1ヶ月間歌いました。》
このあと、ウエスタンカーニバルでも披露されてはいるのですが、ラジオ放送では3ヶ月ほどの空白期間があったかもしれません。
放送しようにも、音源になるレコードが存在しないからです。
もし、NHKが、テープに録音された音源を持っていたとしたら、レコードバージョンとは少し違う、幻の『♪何も云わないで』があるはずです。
NHKさん、もし持っているのなら、出してください、お願いします<(_ _)> ←真剣。

まあそんな事情で、ラジオのリスナーにとってはこの曲、知名度があるにもかかわらず、「幻の名曲」になっていた可能性があるのです。
だからでしょうか、レコードが発売されると、忽ちヒットチャートに躍り出たようなんですね。

そしてこのあと、とても長い期間、ラジオから流れていたのではないかと想うんです。
秋に知った曲が、クリスマスソングと一緒に流れていて、その後もかなりの間聴いたような気がするんですね。

それで、もしかしたらと想い、もう一度ビルボードを調べなおしたらやっぱり! ありましたよ~
できたら
「♪何も云わないで」を聴きながら読んでくださいませ。

Billboard_196512_3

Billboard 1965年1月2日

Billboard_1965313

Billboard 1965年3月13

私の文章より、客観的な事実のほうが、わかりやすいかも。
誌面によると、翌年の3月まで、安定してヒットしている。
「♪逢いたくて逢いたくて」や「♪夢は夜ひらく」のような、爆発的ヒットではありませんが、10月にリリースされたこの曲は、深く静かに愛され、翌年4月までランクインしていました。
これはレコードのセールスなので、そのままラジオやテレビの放送回数になるわけではありませんが、ほぼ比例していると言ってもいいのではないのでしょうか。

1965121

「園まり」昭和40年1月(平凡から)

そして、園まりさんはその間に成人式を迎えます。
その頃のまりちゃん、いじらしいくらい、仕事一筋なんですな。
もう、歌一筋なんです。

《ことしは女というテーマをぐっと堀りさげた歌にとりくんでみたい その意味で恋愛にもすごく興味があるし失恋の悲しみなども体験しなければと思うんですよ》なんて言っちゃって、かわいらしいなぁ。

・・・えー、コホン(`Д´)

この歌は、「♪逢いたくて逢いたくて」「♪夢は夜ひらく」「♪愛は惜しみなく」の3大ヒット曲とは、まったく性質の異なるものです。
上の3曲は、ヒットすることを目的に作られていますが、「♪何も云わないで」は『歌手:園まり』の方向性を模索するため、専用に作られた試作品的な意味合いがあったかもしれません。

そんなこともあってか、宮川先生も、安井かずみさんも自由に創作してる感じなんですね。
とくにメロディが美しくて、三拍子のリズムも、さらりとしたアレンジも、それをさりげなく引き立てている。
そして曲自体、園まりさんが唄うことを前提に作られていて、唄いだすと「歌手:園まり」と楽曲は完全に一体化します。

他の曲、たとえば「♪逢いたくて逢いたくて」や「♪夢は夜ひらく」などは別の歌手によるカバーでも、ある程度成立するでしょう。
でもこの、不朽の名曲だけは、園まりさんでなければなりません。
いかなる名歌手といえども、こんなに唄声とメロディがお互いに溶け合いながら、心に染み込んでくるような味わいは出せないと想う。
園まりさんが「♪何も云わないで」を唄うと、心の中にいろんなものが湧き上がって、ある意味「神懸かった」ものを感じることがあるんですね。
そんなとき、想わずつぶやいてしまうのです。

「ああ、園まりさま」って。

・・・おしまい

« ビルボード・ヒット・オブ・ザ・ワールド | トップページ | 天使の声紋 »

園まり」カテゴリの記事