最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« まりちゃんが成人式を迎えたころ | トップページ | どんな小さな 愛でも幸せ »

天使の声紋

副題:「♪野に咲く花」

本題を読む前に、これを聴いてくださいませ。

「♪野に咲く花」

園まりさんの声にそっくりでしょう?
ご本人でなければ、出せない味わいがあるように思うんです。
これがいつ頃録音されたものかわかりませんが、聞き比べると「♪六甲のおいしい水」の唄声に近いような気もします。
私は、まりさんの声だと想うのですけどねぇ。

園まり/「♪六甲のおいしい水」

「♪野に咲く花」は、一部のコアな「園まりファン」には知られた曲らしく、ステージで歌われたこともあるそうですが、私はこの動画サイトで初めて聴きました。
だから確証がなかったのです、おそらくステージで聴かれた方でも判断に迷うだろうと想います。
このような音源が存在すると云った話自体、全く聴いたことがないし、ライブとスタジオ録音では、かなり違った印象でしょうからね。

でも私は信じたい、これが園まりさんの声であると。
それで、恐れ多いのですが、声紋を調べてみたんです。
(※ただし、私は声紋に関して、まったくの素人です)

注意!! 音が大きいです

園まり/「♪もう一度逢いたくて」

「♪野に咲く花」

本当はフルコーラス全て声紋を採ったのですが、著作権の関係がありますから、全部UPするわけにはいきません。
特に「♪野に咲く花」はこれをUPされている「yosiyuki ressya」さんの許可も得ていませんので。

 

その中から、分析結果の一部を画像で取り出したのが下のデータです。

Photo

園まり/「♪もう一度逢いたくて」

 

Photo

「♪野に咲く花」

楽器の音と重なる部分では、声紋が確認できないので、重なることなく共通して多かった「し」の発音をサンプルとしました。
さ行特有の「擦過音(この画像では6000Hzくらいの高周波音)」も似ていますが、ファンダメンタルの上に乗っている倍音成分(ハーモニックス)のスペクトラムに注目してください。
「なつかしい」と「悲しみを」、「信じてた」と「激しい雨や」、「尽くしてゆきたいと」と「心尽くして」はよく似ています。
他の歌手についても何人か調べてみましたが、いずれも異なるパターンでした。

そこで、まず間違いはないだろうと想い、「♪野に咲く花」のことを、公式サイトのBBSにもコメントしたのですが、『声紋』のことには触れませんでした。
「園まりさん、あなたの声紋を調べてみましたよ」なんて、そんな失礼なことは書けなかったのです。
あとで、自分のコメントを読み返したところ、「私の耳に、間違いはない」といわんばかりの自信過剰な文章になっていて、ちょっと、うろたえましたが(^_^; 汗・・・

でも、せっかくこんなにいい音源があるなら、これをCDとして、リリースしてもらえないだろうか、というのが本音です。

ところで、ハリウッド映画の刑事モノなどに出てくる声紋画像って、見るからにオドロオドロしくて不気味なものが多いですよね。
なのに、今回採った声紋は、ずいぶん綺麗に見えます。
園まりさんの声だと思うからそう感じるのか、唄声だから綺麗に出るのかわかりませんが、映画で見るモノとはかなり印象が違う。

それで、普通はあまり見かけることがない「ビブラートの声紋」も採ってみたんです。
もっと、きれいかもしれないと想って。

Photo_2

 

 

Photo_3


Photo_4

Photo_5

芹洋子/「♪花かげ」

 

どうです? 美しいでしょう。
特に、「♪もう一度逢いたくて」の声紋は芸術的ですらありますね。
「♪野に咲く花」も録音レベルの違いによるものだけで、殆ど同じパターンです。
ここに、芹洋子さんの声を対照サンプルにもってきたのは「園まり節」を獲得する前の「まりちゃんの唄声」に似ていると思ったからです。
でも、画像で見比べたら、全然違いました。
芹さんの声は、ファンダメンタルの2倍付近にハーモニックスが集中しており、教科書どおりの声質というか、理想的な楽器みたいです。
一方、園まりさんは全体に密度が高く、感情に直接響きやすい唄声なのかもしれません。
「歌を語る」ために生まれてきたような声といったらいいのでしょうか。

Photo_6

新譜のCD

話は変わりますが、今マイブームはこの2枚。
携帯プレーヤーの同じフォルダに入れ、「♪2人はパートナー」→「♪恋歌」→「♪もう一度逢いたくて」→「♪それぞれめぐり逢い」の順番でループをつくり、繰り返し聴いているんです。
この4曲、リズムとメロディが「起・承・転・結」になっているんですね。
特に「♪もう一度逢いたくて」と「♪それぞれめぐり逢い」の2曲は脳ミソがしびれちゃうほどイイ!!

もし「♪野に咲く花」がCD化されたら、5曲目として同じフォルダに入れたい。
「♪それぞれめぐり逢い」でテンションが上がったあと「♪野に咲く花」を聴き、心を鎮めたら、癒される~(^^♪

・・・えー、コホン(`Д´)

園まりさんの歌は、どれも本当にすばらしいものです。
常に、新しい発見と新鮮な感動を与えてくれる。
「♪六甲のおいしい水」や「♪野に咲く花」もそうですが、まだまだ隠れた名曲が潜んでいそうな気がしますね♪
もし望めるものなら、この二曲をカップリングし、CDシングルとしてリリースしてもらえないものでしょうか・・・って、ムリですよね~^^。

・・・おしまい

« まりちゃんが成人式を迎えたころ | トップページ | どんな小さな 愛でも幸せ »

園まり」カテゴリの記事