最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« かわいいけど大御所 | トップページ | NEXT 一千万人の恋人たち »

隣のお姉さん

副題:まあちゃん

Photo

前回、園まりさんの写真を見て「隣のお姉さんって感じ」と書いたところで、またひとつ、不思議なことを思い出した。
どうも園まりさんの存在というのは、タイムトンネルのように、忘れかけていた昔の記憶を、呼び起こす力があるみたいだ。

皆さんは、小さいとき好きだった、大人っていませんでしたか?
近所の面白いおじさんや、遊んでくれた、歳のはなれた従兄弟など。
私は幼いころ、近所の人について行ってしまい、よく行方不明になる子だったと、オフクロがぼやいてました。
おとなの人が好きだったんです。

その中でもとくに好きな人がいましてね。
ひとりは、「たかちゃん」といって、裏の家に住む、お兄さん。
素手で、トンボや蝶々を捕まえてくれたり、模型飛行機を飛ばすところも、見せてくれた。
鉄棒なんかもすごくうまくて、私から見たら、何でもできるスーパーマンだった。
それに憧れて「はやく大人になりたい」って、思いましたね。

もっと好きだったのは、「まあちゃん」。
近くの美容院に勤めるお姉さんで、そこの親戚の娘(こ)だったみたい。
我が家は床屋さんだったので、色々融通し合うためだったのでしょうか、よく来てました。
駆けよって、ガバッと抱きつくと、やさしく微笑みかけて、頭をなでてくれる。
美容院が暇なとき遊びに行ったら、私をひざの上にのせて、指遊びを教えてくれた。

でも、まあちゃん、私が幼稚園のとき、何処かへお嫁に行っちゃった。

4041
大人たちの話では、それはそれは美しい花嫁さんだったそうです。

なのに、当時私は幼すぎて、顔を憶えていない。
かろうじて想い出せるのは、抱きついたときの、美容院の匂いと、桜色の白衣だけ。

1965_103
今は園まりさんの姿が、「まあちゃん」のイメージです。
ぜんぜん似てないかもしれないけど、「それはそれは美しい花嫁さん」って言ったらこれしかない。

今にしてみたら、まあちゃんの名前すら知らなかった。
あの時代だから、「まちこ」とか「まさこ」あたりだったのでしょうか?
もし・・・「まりちゃん」だったらと想うと、ドキドキしますね^^。

Shyukan_heibon_1965

背景が白いほうの写真は、「♪この喜びの日に」のジャケットと同じ日に撮影したそうですが、ご本人によると「これで三度目」なんだとか。
だから少なくとも、もう一つ、別の花嫁衣裳を着ている写真があるはずなんです。

見たいですね~、きれいだろうなぁ、きっと。

・・・おしまい

« かわいいけど大御所 | トップページ | NEXT 一千万人の恋人たち »

園まり」カテゴリの記事