最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« オスプレイ | トップページ | 眩しくて 懐かしい »

夏の日の想い出

副題:女性には不愉快な話かも知れないので、そのときはパスしてください

あれは昭和46年、私が15の夏の日でした。
私はのどかな田園風景を縁側で眺めてた。
その年の6月、父が急逝し、のこされた私たち家族は、1ヶ月ほど田舎の親戚の家に身を寄せていたときです。

カンカン照りの日差しではあったけれど、田園からの風は気持ちよく頬をなでます。
でも私の心は晴れません、2ヶ月前に父を亡くし、不安と悲しみに暮れていました。

そんなとき、従兄弟が「これ見ていいよ」と山積みになった古本を指さしました。
昭和40年代始め頃の週刊誌です。

団塊世代の従兄弟にとって、青春のメモリーともいえるその雑誌は、折り傷一つ無く、5年も前のものとは想えないくらい綺麗だった。
きっと大切なものだったんだと想います。
落ち込んでいる私を、元気づけてやろうと思ったのでしょうか?

ページを開くと、そこにはきらめくスターの写真が...

ブレイク前の、いしだあゆみさんとか、西郷輝彦とかザ・ピーナッツも。
そして、一番多かったのが、園まりさん。

でも当時、園まりさんが、苦手だった。
女性に見えるんです、神聖な存在だったはずなのに。

眼差しだけでも、色っぽく見えるし、声を聴けば、切なく聞こえ、その姿は心に突き刺さるほど美しかった。

それで、雑誌をめくると、ミズギ姿が。
見たいという欲求と、そんな自分を嫌悪する複雑な感情が入り交じって、めまいがしました。

でもその中に、とびきりお気に入りの写真を見つけた。
いかにも真面目そうな、濃いグレーか紺の地味な
ミズギに、さわやかな笑顔。
プールの縁に立ってバランスをとっているような可愛らしいポーズ。
プールの方に、上半身が大きく傾いていたような?
ちょっと口で説明するのは難しいのですが、その後、天知真理さんや石川ひとみさん等、清純派アイドルと呼ばれた人たちの定番になったポーズです。

そこに写っていたのは、小学生のとき見た、園まりさんでした。
ひたすらさわやかで、可愛らしい園まりさんでした。

私はこの写真が欲しくてたまらなかった。
でも頼めなかった。
きっと大切な本だから。

それから、40年も経って、記憶も薄れ、あれは幻だったのかな~と想っていたとき、この写真のことに触れる書き込みを見ました。
公式サイトのBBSで。
《プールサイドで撮った、おっそろしくガードが堅いワンピースの
ミズギのフォト。髪型は素敵なロング》

この言葉に食いつきました。
あの写真しかない。

《おっそろしくガードが堅いワンピース》この表現、女性には解らないでしょうね~
《男性の視線をよせつけないほど露出が少なく、見るからに真面目そうな》って意味なんですけど。

それで、ものすごく嬉しかった。
私以外にあの写真の存在を知っている人がいる!
最も可憐でさわやかな園まりさんを知っている人がいる!

「その写真私も見たことあります、とても素敵でした」それだけで終わりにしておけば良かった...

やっちまいました。

「まりちゃんのミズギ」この言葉に血迷ってしまいましてね。
決して本能の赴くまま言葉を並べ立てたわけではありません(いや、ちょっとは書いたかな?)。
でも女性の勘は鋭い、わかるみたいです、直感で。
顰蹙買いましたね。
エスカレートするところを止めてもらって目が覚めましたが、私は自分自身で大切な想い出に傷を付けてしまいました。

申し訳ないのは、最初にこの写真のことに触れる書き込みをされた方にです。
女性の感性を無視したのはいけなかったかと想いますが、彼は私と違って、非常に真面目な気持ちでこの写真のことを語っていました。
同じ男性として、私にはわかります。
そこにあるのは、憧れの気持ちと、懐かしさだけです。
私の従兄弟と同じで、大切な青春のメモリーだったんです。
ごめんなさい。

そしてもう一人、私と同じ気持ちで、いっしょにはしゃいだ方がいます。
今、彼は、猛烈に反省して、自己嫌悪に陥っているような気がします
私以上に...
元気になってくれると良いなぁ。

 

2012年7月30日追記:

先ほどオフィシャルサイトのBBSを覗いてきました。
自分が書き込んだ内容を、読み返してみようと。

・・・最低です。

このBBSは、園まりさんのお膝元で、書き込んだことは、御本人の耳に入ります。
そんな場所で、
ミズギ写真の話題で盛り上がるなんて。
とんでもないことを、してしまいました。
耳に入れば、きっと悲しまれるでしょう。

いま、「♪ふるさとの唄」を聴いています。
まりさんの唄声は、誠実で美しい心が溢れています。
美しい心で毎日がんばっています。
それなのに...それなのに...

「私はBBSに参加できなくなってもかまいません、まりさんが悲しい想いをされないように、お取り計らい下さい、管理人様、お願いです。」
そう言いたいのだけれど、今更そんな虫のいいこと、書き込めないし。

私に出来ることと言ったら、この場で、陳謝することだけです。

本当に申し訳ないことをしました。

« オスプレイ | トップページ | 眩しくて 懐かしい »

園まり」カテゴリの記事