最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 「第6回徹子の部屋コンサート」放送 | トップページ | ♪あんたなんか »

フェラーリ

副題:スーパーカーとケンカしてみた。

K0860s2a

今日運転中、表通りが込んでいたので裏道に入りました。
一方通行ではないのですが、かなり狭い。
対向車とすれ違うのに、気を使う道幅です。
でも私の車はコンパクトカーなので、よほど大きな車が来ない限り、大丈夫だろうとタカをくくってしまったのです。

スイスイと調子よく走っていると、来ました来ました、対向車。
真っ赤なフェラーリです、カッコイイ。
「所詮スポーツカーなんだから、そんなに大きくはないだろう」そう想って近づき唖然としました。
信じられないくらい横幅が広い、2mくらいあるじゃないですか(ウソ)。
「こりゃ、うかつにすれ違って、こすったら大変だ」すかさず、路肩に寄せて止めました。

ところがそのフェラーリ、なぜか道路の真ん中に止まったのです。
どうやら、すれ違う自信がないらしい。
仕方ないので、もう一度切り返して、目いっぱい路肩に寄せる私。
それでも微動だにしないフェラーリ。
やっとわかりました、「お前下がれ」と言っているのです。
おまえこそ、カウンタックリバースを見せてみろ!
(だからランボルギーニじゃないってば)
向こうが路肩に寄せてくれたら、こちらはその脇を抜けられるのに。
どうも、それすら、したくないみたい。

フェラーリって見切りが悪いのでしょうか?
それとも、超高級車に傷をつけるリスクを冒したくないのか、特権意識なのか、何れにしてもカチンと来ました。
だってそうでしょ、私の車が対向車じゃなくて路上駐車だったらどうするつもり?
私もリバースで交通量の多い表通りに出たくないので、しばらく様子を見てました。
「ワガママ対決」です。

「そのうち他の車が来たら状況が変わるだろう」そう想ったのですが、甘かった。
前後の交差点にさしかかった全ての車が、道の真ん中で踏ん張っている、真っ赤なフェラーリを見て、迂回しているのです。
スーパーカー(古い!)の殆どが、ド派手な色をしている理由が、やっと解りました。
警戒色だったんですね~。

スーパーカー相手に、にらみ合いをするのは、私だけみたいで(^^;
それで、下がりましたとも。
延々50メートル程バックして、お尻から表通りへ。
そのとき、相手のドライバーが見えたので、どんな顔だろうと目を凝らしたら、私と同じくらいの歳で、ロマンスグレーの紳士です。
「ピ!」っとクラクションを鳴らし、手で挨拶して行きました。
カッコ良すぎるぜ、バカヤロウ。

« 「第6回徹子の部屋コンサート」放送 | トップページ | ♪あんたなんか »

その他」カテゴリの記事