最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

画像などの著作権及び文章の転載・引用について

○著作権について

当ブログで使用している、芸能関係の写真等については、全て「著作権の正当な保有者(権利者)」が存在するものと想われます。

何れも権利者に無断で使用しており、「大目に見ていただいている」「お目こぼしをして、いただいている」と理解しておりますが、それらを使用することによって、利益を得ようとしているものではありません。
問題があると思われる場合は、下記の連絡先までメールを頂けないでしょうか。
著作権の保有者、もしくは関係の方から連絡を頂きましたら、即刻削除いたします。

Photo

なお、上記画像等には‘淡い文字’でどこかに「apollo」の文字を入れています。
二次利用される方は、その上から‘濃い文字’で『ロゴ』を書き込むなどし、自己責任で使用して下さい。
それで「apollo」の文字は、殆ど見えなくなるはずです。
また、そうすることによって、商用に利用されることを防ぐことができます。

 

○転載・引用について

このブログの内容は、予告無く加除訂正を行うことがあります。
「転載・引用」は自由ですが、必ず元のページにリンクを貼るようお願いします。
訂正前の間違った情報が広まることを防ぐために必要です。

なお、当ブログは全ページ、リンクフリーです。

園まりファンのこと

ちょっと前に、公式サイトを見たとき、「まりちゃんのBBSコーナー」なるものがあったので、覗いてみました。

Photo

ホームページにBBSのタブがあるのは前から知っていましたが、中を見たら凄いですね。
ここに投稿している方々は、氷山の一角みたいなもので、筋金入りのファンがゴマンと居ることを伺わせます。
いや~恐れ入りました。
ところで、園まりファンにも、ちょっとお気に入り、といった人から、追っかけをしている「園まり命」なんて人まで様々ですが、どうも共通している点があるように想います。
この先は、あくまで想像ですよ、想像!
殆どの人は、最初に、その歌声と美貌に惹かれるんですよね、やっぱり。
代表曲から聴き始めて、カバーポップス時代や、あまりヒットしなかった曲まで聴くようになる。
「♪蛾」なんて聴きだしたら、かなりはまっている人なんでしょう、きっと。
そのうち、俳優としての実績に目が向いて、出演作品を片っ端から観ます。
ここで、演技力というか、表現力というか、とにかく、その表情の可愛らしさに胸キュンしてしまう。
さらに、歌を聴き、演技を観ているうちに、やがて、その中から誠実な人柄を感じるようになるんですね。
なぜって、歌にせよ、演技にせよ、自由奔放にやってる訳じゃないんです。
才能に任せて、奔放にやってる芸能人も居ますが、園まりさんの場合、とても生真面目に、真剣に、そして忍耐強く取り組んで、始めて可能になることをしているわけですよ、いつも。
こうなると、園まりさんの、人柄というか人間性に興味がわいてくる。
「いったい、どんな人なんだろう?」
それで、インタビュー記事やら過去のニュースなど探し出して読みあさる。
何度も見たはずのDVDまでひっぱり出してきて、コメンタリトラックなんぞも聴いたりする。
「やっぱり、想ったとおりの、お人柄だったか」と安心するのもつかの間、今度は、まりさんが積み重ねてきた人生そのものに、関心をよせる。
そこから得た人生観も知りたいと思う。
そして、園まりさんに関わりの深い人のことまで知りたくなり...あ~きりがない。
先ほどのBBSにも、ここまで到達している方が大勢いて・・とういうか、それを超えている人が殆どみたいで、これが氷山の一角となると、恐るべし「園まりワールド」。

私も、まりさんの人生観を知りたくて、愛読書と言われている「新・祈りのみち」なんぞ読んでみようかとも思いましたが、どうもこの手の哲学的な本は苦手で・・・
それより今ほしいのはこちら、「歌の手帖です」

510ccifgncl__sl500_aa300_

どうですか、この華やかな表紙。
園まりさんが写っている部分だけの、拡大写真も載せますね。

Photo_2

見る者を癒す優しい微笑み、これだけでも購入の価値は、あろうかと思います。
今回お三方とも、なかなか綺麗に写っているのですが、特にまりさんはよく撮れているような気がします。
年齢を感じさせない、輝くばかりの美しさですよね~
何のことはない、いまだに、私は、園まりさんの美貌に目を奪われている段階だったのです。
深い深い、園まりワールドの、ほんの入り口にいたというわけ。
ま、いっか、所詮こういう人間なので(^-^;
ところで、「apollo」のうっとおしい文字がない、すっきりした写真をお望みの方は、どうぞ書店でお求めを。
おっと、こうしちゃいられない、早く買いに行こうっと。
買いそびれた人は、
こちらでも購入できるようです。

アポロの備忘録 登記謄本の取り方

副題:法人登記、不動産登記の内容って、どうやって調べればいいの?

                                       

実際に調べましたので、その方法を、備忘録としてUPします。

法人登記なら「会社名」と「本店(本社)の住所」、不動産登記なら「住所」を前もって調べておきます。
「会社名」は正式な名前を出来るだけ正確に。
「本店(本社)の住所」は社長や代表取締役の自宅になっている場合もありますので、注意が必要です。
不動産登記の場合、土地だけでなく、建物も調べたいなら、その土地の中に建物がいくつあるかも調べておきます。
調べがついたら、早速登記所に。
私の場合は、名古屋法務局に行きました。

Nagoyahoumukyoku

名古屋法務局


まず、法人登記謄本の取り方から。

登記所は2階ですが、最初は3階に行きます。
エレベーターを降りて一番近い部屋に、タッチパネルの端末が数台置いてあります。
この端末は、誰でも無料で自由に使え、プリントアウトも無料です。
調べてきた「会社名」を入力し、検索します。
ヒットしない場合は、部分入力します。
例えば、「イロハニABC」なら「イロハニ」「ABC」「いろは」「エービーシー」等です。
いくつか出てくるはずですので、その中から、住所、商号、事業内容などから、これだと思うものを選択し、プリントアウトします。
「会社法人等番号」「商号」「本店所在地」「目的」(事業内容)が印刷されている事を確認し、それを持って2階の登記所へ。
「会社法人用 登記事項証明書 交付申請書」なる用紙がありますので、プリントアウトした内容を、記入見本のように書き込みます。

Photo

「①全部事項証明書(謄本)」の項目にチェックを入れます。
「現在事項」の内容は、「履歴事項」に全て含まれますので、必要ありません。
「履歴事項」と「閉鎖事項」を請求すれば、コンピュータに記録された登記内容の全てが出てきます。
もし、コンピュータに記録されていない、古い記録まで必要な場合は、「④コンピュータ化以前の閉鎖登記簿の謄抄本」の内「コンピュータ化に伴う閉鎖登記簿謄本」にチェックを入れ請求通数を記入します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余談ですが(謄本)とは「丸々コピー」と云う意味ですから、コンピューターでデータ管理されている現在、登記謄本なるものは厳密に言ったら存在しません。
それで「全部事項証明書(謄本)」なのです。
尚、申請人の住所氏名については、捺印もしなければ、身分証明書も必要ないので、ウソを書いてもバレないと想いますが、それは違法行為なので、どんなお咎めが待っているかわかりません。
正直に書くようにしましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

記入が終わったら、それを登記所内の「印紙売り場窓口」に持っていき、見せます。
すると、「○○円です」と教えてくれるので、お金を払うと、所定の位置に貼ってくれます(名古屋法務局は親切なんですよ、余所は分かりませんが)。
今回は一通700円、合わせて1400円でした。
これでやっと申請できます。
会社法人用「受付」窓口に提出すると、番号カードを渡されるので、ディスプレーにその番号が表示されるまで待ちます。
表示されたら、会社法人用「交付」窓口まで受け取りに行きます。
これで終わり・・・


次に不動産登記謄本の取り方

こちらは、最初から、2階の登記所へ行きます。
謄本申請書に記入する前に、住所が正しいか調べます。
住宅地図に載っている住所と、登記上の住所が、違っていることがあるからです。
理由はよく分かりませんが、登記された後で、区画整理があり、登記上の住所だけ、取り残されたりするのかもしれません。
登記所には、いわゆる「青地図(ブルーマップ)」なるものが備え付けられています。
これは住宅地図の上に、登記上の地番が、青色で印刷されたものです。
名古屋法務局のは、表紙まで「青」でした。
これで、登記上の住所を調べ、メモしておきます。
それが済んだら「不動産用 登記事項証明書 交付申請書」へ見本のように記入します

Photo_2

ここで「○○町4丁目5-6」は先ほどメモした、登記上の住所です。
家屋番号は、一つの土地に建物一つだけなら地番と同じ、2つ目は「5-6-2」となります。
2つの建物が同時に登記された場合、1つ目は「5-6-1」となります。
記入が終わった後は、会社法人用の申請と手順は同じです。
但し、窓口は不動産用「受付」「交付」の方です。
印紙代は、こちらも一通700円でした。


ついでに、地図と図面の取得方法

基本的には、不動産登記の交付申請と同じです。

Photo_3

見本では、「土地」の請求通数が「各1」となっていますが、これは「地図」と「地積測量図」両方を請求したからです。
この場合「地積測量図」とは4丁目5-6における土地の寸法入り図面、「地図」とはその土地を含む、周辺の図面です。
記入後の手順は、不動産登記謄本の取り方と全く同じです。
今回、印紙代は一通500円、全部で1500円でした。

                                             

                                                              ・・・・おわり

「この娘(こ)」じゃなくて「このお方」といいなさい

副題:園まりさんを観て「この娘(こ)」とは・・・

Photo

先日、普段は、ほとんど寝たきりの母親が珍しく起きて来て、一緒にテレビを観ていた。
園まりさんを見て「この娘(こ)は若く見えるね~。カワイイけど、おとなしい感じ」と母。
「この娘(こ)は大人しいんじゃなくて、優しいんだよ」と私。
次の瞬間、自分の言葉に、凍りついてしまった。
こっ・・・この娘?
うわぁーーー、何を言っとるんだ、私は。
こともあろうに、歌謡界の大御所をつかまえて「この娘」だと?
天下の大スターで、子供の頃には、天使で聖母で神と崇めた人なのに。
いや、今だって雲上の人であるのは間違いない。
私の母が言ったのは良いだろう、80代なんだし。
それじゃ私が言うのはどうなんだ?
「この娘(こ)」と言ったとき、全然不自然な気がしなかったし、当たり前の感じでその言葉が出てきたから、頭の中にどこか、そんな意識はあるのかも知れない。
でも、あこがれの君に「この娘」はないよ~
だから、新しい自分のルールを創ることにしたのです。
①口に出して言うときは「園まりさん」と言いなさい。
②心に想うときは「この娘(こ)」じゃなくて「このお方」といいなさい。
それでも尚、心の中では「まりちゃん」と言ってしまいそうな、気がするんですよね~(^-^;

ところで、冒頭の写真は、菅原洋一さんと一緒のところなのですが、左半分をカットしてしまいました。
ちゃんと、デュエットしているところも、載せますね。
歌っていたのは「♪アマン」です。

Photo_2

Photo_5

Photo_4

「♪アマンⅡ」じゃないので、そんなに期待してなかったのですが、聴いてみたらとても艶っぽくて、メッチャ良かった。
菅原さんの「渋さ」と、まりさんの、ふんわりとしたムードが、絶妙のコントラストで、大人のデュエットって感じです。
HD画質の写真を貼るのは気が引けますが、たとえばこの画像。

Photo

Mokuhati

地デジになって、園まりさんの美しさは、ますますきわだつようになりましたよね。
うっとりしちゃいます(^-^)。

                                             

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »